先輩社員からの声③

2006年 1月入社

佐藤 雅之
Satoh Masayuki

所属:製造二課
ゴムパッキン製造
認定検査員 取得者
2019年 最優秀社員賞 受賞

『周りへの気遣い』

私は中途で入社しました。今の仕事は、ゴムパッキンの製造スタッフとして実務も行いながら、工程の管理や作業指導のサポートなどを行っています。入社当時は、とても忙しく現場スタッフの大変さが一目瞭然でした。何とか現場スタッフが無理なく、ムラが無く、無駄な作業が無いような仕事が出来ないか?と常に考えています。時には、上司と意見でぶつかることもあります。(^_^;)

工程改善は難しいですね。実際に作業をやっている人でしか分らない苦労を現場目線で抽出する。相手を思う気遣いがとても大事だと思っています。「とてもやりがいのある仕事」それが私の仕事です。

子供という存在が、自分を親にしてくれる

私には、4人の子供がいます。若くして結婚したこともあり、子供の教育なんてサッパリ分らなかった頃、杉山工業に入社しました。朝が苦手だったこともあり、遅刻もかなり多かったかな?(苦笑)当時、工場長だった今の社長に怒られたこともあります。しかも本気で!ですよ。(^_^;) 「仲間意識」を超えて、「家族意識」。。。それが社長の考えで、社是・社訓になっている事に気づきました。

『あたりまえ』って難しいですね。

その後、遅刻もなくなり、挨拶も自然とできるようになりましたね。それと…出かけるときには常にハンカチを持ったりして。。。習慣って言うんですか?靴が揃ってなかったりすると気持ちが悪く感じるんです(笑)

子供は、私(親)をいつも見ている。子供の存在こそが私を成長させてくれています。小学1年生で習う『あたりまえの躾』をこの会社では学べます。『あたりまえ」って難しい事を改めて気づきます。

それと、何歳になってからでも始められるという事も。。。

『就職活動の方へ一言』

私は、たくさんの失敗を経験してきましたが、失敗の先に成功があると思います。一つの失敗を素直に受け止めて、上司に相談するんです。ひとつひとつ、コツコツと解決していく過程で成長していきます。

素直な気持ちと、ほんの少しの勇気で!たくさん失敗して恐れずがんばりましょう。